ドローンクルーズ:夕陽の町を堪能する 静岡県西伊豆町・黄金崎

黄金崎は夕陽の名所として知られています。
静岡県の伊豆半島の西側にあるこの岬は、海に沈む夕陽が美しく、海面に光り輝く太陽の道が、まっすぐにきらめくように見ることができます。
ここで最もインパクトのあるのが、「馬ロック」と呼ばれる大きな岩。まさに馬が水を飲んでいるような横顔の岩で、2015年に「日本の奇岩百景」に選ばれています。

馬ロックを攻める

3月の夕陽は、この写真の位置に沈みます。
天候次第では、濃いオレンジ色、燃えるような赤に近いオレンジ色の岩肌になり、まさに夕陽こそが主役であるとまざまざと見せつけられます。

ドローン空撮の場合は、赤く染まった馬ロックを撮影するもよし、馬ロックがシルエットになるような位置から遠く夕陽を狙うもよし、サンセットロードを追いつつ、その太陽の道を横切る船を追うもよし、どこをどう切り取っても夕陽の良さをしっかり納められる場所です。

離陸ポイントですが、私たちがよく使うのは、駐車場の北側に位置する木製のテーブルがあるエリアです。
観光客が使用しているようなら空くまで待って、空いたら使うようにしましょう。

オススメの夕陽撮影ポジション

さて、夕陽撮影のオススメの機体ポジションを図で示します。

1.夕陽に映える馬ロックを撮る

2.展望台をシルエットにして撮る

3.夕陽ど真ん中にダイナミックに撮る

夕日を撮りたいのか、それとも夕日を受けて輝く岩肌を撮りたいのか、さらにはシルエットとなる影を撮りたいのか、被写体が変わると撮影時の設定にも調整が必要です。

夕日の状況でNDフィルターを選択しよう

悩ましいのは、NDフィルターの選択です。
夕日の明るさと、影の暗さの差が激しいので、NDフィルターの選択によっては、どちらかに対応できません。被写体を決めてNDフィルターを選択します。
やはり、夕陽の町ですので、夕陽メインに撮影したいところです。まだ沈むまでに時間があるなら、NDを少しあげてND16やND32でも良いかもしれません。これが、だんだんと沈み空に濃い青が混ざり始めてきたら、NDなしでもいいかもしれません。その見極めを早めにして、良いタイミングを逃さないようにしたいものです。

黄金崎・馬ロックの映像はこちら。

 

西伊豆の絶景ポイントは豊富です。
今後も、さまざまな場所をお伝えしたいと思います。

【ご協力】
西伊豆町役場 
西伊豆観光協会 

シェア
前の記事【発表会レポート】DJIが新製品「OSMO ACTION」を公開
次の記事サイバートラストとドローン・ジャパンが、ドローン向けのセキュリティコンサルティングサービスを提供開始
Tooru Kusakari
1990年からPC・UNIXベースのシステム設計・開発技術者としてスタートする。 ソフトウェア販売・マーケティングを習得し、国内ITコンサルティング企業に転職。 流通・小売、製造、地銀等のITコンサルティング、プロジェクトマネジメントを実践。 現在はこれまでの経験を活かし、新規事業創出・企画者育成、イノベーター育成・事業承継支援等を行っている。 2017年4月にドローンに本格的に取り組む。 2017年5月デジタルハリウッドロボティクスアカデミードローン専攻を卒業。 国土交通省の「無人航空機の飛行に関する許可承認書」を取得。 2018年には、DJIスペシャリスト、JUIDA認定講師の資格を取得。 現在、全国の空撮現場や、ドローンを教材にした人材育成分野の現場に多く携わっている。