改正航空法規制外の小型ドローン「Tello」先行予約開始

改正航空法の規制外小型ドローン「Tello」の先行予約が開始されております。「Tello」は中国のドローンスタートアップ企業のRyze Technology社が、DJIとインテルの技術供与を受け開発した機体で、CES2018にて発表され話題を呼びました。

基本スペックと初期セット

基本スペック

  • 価格:12,800円
  • 重量:80g(バッテリーとプロペラ含む)
  • サイズ:98×92.5×41mm
  • プロペラサイズ:3インチ
  • 飛行時間:13分
  • 画質:HD720P
  • 最大伝送距離:100m
  • 手振れ補正:あり(電子手振れ補正)

初期セット

  • 本体:1機
  • バッテリー:1個
  • プロペラ:8枚
  • プロペラガード:1セット
ca-pub-2534280200880514

送信機での操作を行う場合は、「Gamesir」または「Apple MFi認証」のBluetoothコントローラーを購入する必要があります。

「Tello」はどんな特徴がある機体?

大きな特徴としては、航空法の規制外である200g以下の機体ということです。そのため、航空法の規制に関係なく飛ばすことが可能です。

約80gの小型ドローンながら、500万画素の静止画や720pでの動画を撮影可能な高性能カメラを搭載しています。ジンバルは非搭載ですが、ブレを電子補正技術により防ぎます。また、最大飛行時間は13分と、他の200g以下のドローンと比較するとかなり長い飛行時間も特徴です。

DJIのフライト技術により安定的な飛行を可能にし、さらにインテルのMovidius Myriad 2 VPUを搭載することで空間認識、物体認識、ジェスチャー認識まで行います。手の上からドローンを飛ばして自動ホバリングするシステム、自動離陸や自動着陸などの機能も有しています。

また、アプリケーションも優れており、360度回転しながら操作する機能やフリップさせるなどの遊びも楽しむことができます。

操作はスマートフォンアプリか、「Gamesir」または「Apple MFi認証」のBluetoothコントローラーのどちらかを選ぶことができます。

さらに特徴の1つとして、Scratchというプログラミングシステムに対応している点があげられます。ドローンをプログラミングを組んで飛行させることが可能になり、子ども向けのプログラミング教育で活躍が期待されます。

また、ディフォルトのカラーはホワイトですが、イエローとブルーのカバーを購入して交換すれば、カラーの変更も可能。その時の気分で付け替えて使用することもできそうです。

価格と購入方法

気になる価格はなんと12,800円(税込)。これだけの機能が付いてこの価格はかなり手ごろ感があるのではないでしょうか。

今なら下記サイトにて先行予約を受け付けておりますので、早めに手に入れたい人は予約を検討してみてください(リンク先HPの「全ての商品」ボタンからたどることができます)。第1出荷は3月下旬を予定しているとのことです。