DJI運営の「Skypixel」で、世界最大規模の空撮コンテストが開催中!

ドローン最大手のDJI社が運営する世界最大規模の空撮写真・映像コミュニティーサイト「SkyPixel(スカイピクセル)」で「2018 SkyPixel 空撮コンテスト」が開催中です。期間は2018年12月18日(火)~2019年2月18日(月)まで。

写真と動画の2部門、使用機材や応募数は自由!

2018 SkyPixel 空撮コンテストは、動画と写真の2部門で構成されています。写真部門には5つ、動画部門には4つのカテゴリーがあり、応募数に制限はありません。撮影に使用する機材の種類、ブランドも自由となっています。

<動画部門のカテゴリー>

※動画は5分以内で、うち最低30秒間は空撮映像が必要

Nature (自然):自然あふれる風景、野生動物を空から捉える

City(都市):都市の景観美や創造建築物を空から捉える

Sport(スポーツ):競技中の人の躍動感、力強さやエネルギッシュな瞬間を捉える

Travel(旅):人間性、文化、忘れられない冒険を捉える(動画には人物が含まれている必要があります)

Creativity(クリエイティビティ):空撮技術とドローンの機能で、クリエイティブな技法と素晴らしい視覚効果を駆使して創作するビジュアルストーリー

 

<写真部門のカテゴリー>

Nature (自然):自然の持つ真の美しさを描写する一瞬を捉える

Architecture(建造物):素晴らしい建造物を新しい視点で捉える

Fun(ファン):ユニークな角度から世界を体験、楽しい瞬間を捉える

Sport(スポーツ):夢へ挑戦するアスリートのエネルギーや興奮を捉える

 

こちらの画像は2017年度の入賞作品の一部です。

空撮でしか味わえない色彩や躍動感、自然の美しさが際立っていますね。

49もの賞と豪華賞品獲得のチャンス

本コンテストでは、合計9つのカテゴリーで49もの賞が用意されています。

そのうち、グランプリ2作品、各9つのカテゴリーから1位、2位、3位を選出。さらに、審査員によって選ばれるノミネート作品を10作品、コンテスト中に「いいね」が最も多かった10作品へも賞が授与されるとのこと。

コンテストの入賞賞品には、Hasselblad X1D-50c(中判カメラ)および、DJI Mavic 2 Pro(ドローン)、DJI Osmo Pocket(3軸ジンバルカメラ)など、総額120,000ドル相当の豪華な品がズラリ。

さらにSkyPixelの受賞作品は2019年中に、各DJIフラッグシップストアでの展示と受賞者とプロ写真家が主催するワークショップでの特集、紹介が予定されています。

過去3年間に、自然、文化、建築物やオリジナルの空撮映像からなる100,000点を超える作品が集まったこのコンテスト。

今回もどんな力作が集まるのか楽しみですが、興味のある方はぜひ、応募してみてくださいね!

作品提出の詳細

作品の受付開始日時:2018年12月18日、3:00PM(日本時間)

作品の受付終了日時:2019年 2月18日、3:00PM(日本時間)

受賞者の発表:2019年3月20日

コンテストへのご参加については、2018 SkyPixel 空撮コンテストウェブサイト(英語)でルールやガイドラインなどの詳細情報をご確認いただけます。

詳細についてのお問い合わせは campaign@skypixel.com まで。

2018 SkyPixel 空撮コンテスト(英語):https://www.skypixel.com/contests/2018

シェア
前の記事丸ちゃんが選ぶ2018年ベストドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」
次の記事USEN MediaがDRONE ENJOYと業務提携契約、動画マーケティングの新たな取り組みへ
nakagawa
DRONE MEDIA編集担当。編集プロダクション、出版社(ゲーム攻略本を担当)を経て、現在株式会社令和コンサルティングに勤務。 著書『経営コンサルタントの一生使えるExcelグラフ術』(秀和システム社)。 ゲームと動物大好き。ヒョウモントカゲモドキ&2匹の亀と暮らしています。 ドローンについてはまだまだ初心者なので、DRONE MEDIAを通じてみなさんと一緒に成長できればと思っています! イベント等で見かけた際はぜひ声をかけてくださいね。