DJI、赤外線カメラ「ZENMUSE XT2」と「PAYLOAD SDK」を発表

DJIが、高性能赤外線カメラ「ZENMUSE XT2」とDJIの産業用ドローンプラットフォームをカスタマイズできる「PAYLOAD SDK」を発表しました。これらの製品およびプラットフォームは、インフラ点検、検査、精密農業、消防活動、捜索救援活動などの専門的な業務を対象にしています。

 

業務のためのスマートな赤外線データ

ca-pub-2534280200880514

Zenmuse XT2は、視覚的に温度の特徴を捉えられる高性能赤外線カメラです。スタビライザー付きジンバルとデュアルセンサーをFLIRの放射測定熱画像と4Kビジュアルカメラに組み合わせることで、オペレーターは飛行中に赤外線データと映像データの両方を確認できます。産業利用や公共安全等の業務に従事するユーザーに、高水準の汎用性とより詳細なデータを提供します。

オペレーターは、FLIR MSXが搭載されているインテリジェント機能を、映像データや赤外線データと組み合わせることで、問題の発生している対象物を簡単に特定できます。また、「Spotlight Pro(スポットライトプロ)」に搭載された「QuickTrack(クイックトラック)」と「HeatTrack(ヒートトラック)」の2つのインテリジェント機能により、カメラが自動で被写体を追尾するので、オペレーターは飛行操作とデータ収集に専念することができます。QuickTrackは、選択したエリアを常にカメラの中心に収め、HeatTrackは、最も熱を持つ部分を自動で追尾します。また、「Temp Alarm(高温アラーム)」機能は、赤外線データをリアルタイムで読み取り、対象物の温度が閾値を超えた際に、オペレーターに通知します。

Zenmuse XT2は、DJIの「MATRICE 200シリーズ」 と「MATRICE 600 PRO」の産業用ドローンに対応しています。また、Android向けの「DJI PILOT」アプリで利用できます。今後、iOS向けの「DJI XT PRO」アプリをリリース予定です。Zenmuse XT2は、堅牢なデザインと保護等級IP44を有し、雨、雪、煙や霧の中といったあらゆる状況下で飛行できる汎用性を備えています。 12MPのビジュアルカメラを搭載し、640 x 512と336 x 256の2種類の赤外線センサー解像度を提供し、レンズは9mm/13mm/19mm/25mmを使用できます。

https://www.dji.com/jp/zenmuse-xt2

産業用ドローンがSDKでカスタマイズ可能に

Payload SDKを使用することで、サードパーティ製のカメラ、センサー、 空対地通信ツールやデバイスといったペイロードを、Matrice 200シリーズに直接取り付け、統合することが可能になります。産業用ドローンのエコシステムをオープンにすることで、あらゆる製造業パートナーや開発者は、特定の目的や産業にあわせて、オリジナルのドローンをカスタムすることができます。

DJIは、外付けペイロードをドローンにシームレスに搭載できるジンバルポートアダプター「DJI SKYPORT」を導入することで、複雑な工程を減らしています。DJI Skyportで、サーキットボード、APIへのアクセス、外付けセンサーやペイロードの取り付けが容易になり、Zenmuseシリーズと同様な操作性を実現します。セットアップをドローンの電源に直接接続できるので、外付けのケーブルやバッテリーは必要ありません。また、Payload SDKでデータ通信システムにアクセスできるので、オペレーターはセンサーと直接通信し、データをリアルタイムに受信できます。

https://developer.dji.com/payload-sdk/

提供開始時期について

Zenmuse XT2カメラは、全国のDJI Enterpriseの正規代理店で4月下旬からの販売開始を予定しています。Payload SDKは、DJIの開発者向けポータルサイト、 https://developer.dji.com/payload-sdk/ より提供します。(※英文のみ)