サイバートラストとドローン・ジャパンが、ドローン向けのセキュリティコンサルティングサービスを提供開始

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、以下「サイバートラスト」)とドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、以下「ドローン・ジャパン」)が、ドローン本体ならびに周辺デバイス、周辺ソリューションに関するセキュリティコンサルティングサービスの提供開始を発表しました。

ドローンの産業利用が進むなかで求められる「セキュリティ対策」

昨今、ドローンの産業活用は急速に広まりをみせています。

橋梁、鉄塔、基地局などといったインフラ関連設備をはじめ、発電所や工場などでドローンは幅広く活用されていますが、点検・検査で取得した情報や物流における宛先情報など、機密性の高い情報を扱うケースも多々あり、各公共団体や企業にはしっかりとしたセキュリティ体制の構築が求められています。

また、ドローン本体および周辺デバイスや周辺ソリューションを提供する上でもセキュリティ・バイ・デザイン(企画・設計の段階でセキュリティ対策を組み込んでおくこと)が必要とされてきています。

セキュアドローン協議会が策定した「ドローンセキュリティガイド」にも、産業用途でのドローン活用について、情報セキュリティ対策や最新の IoT 関連のセキュリティ技術との連携の重要性が提示されており、ドローンの産業活用とセキュリティ対策は緊密な関係にあることがわかります。

こうした背景のなかで、今回発表された「ドローンセキュリティコンサルティングサービス」。サービスの具体的な内容はどういったものになるのでしょうか。

ドローン専業コンサルティングの知見×「脆弱性診断サービス」で、ドローンセキュリティ対策を支援

「ドローンセキュリティコンサルティングサービス」は、サイバートラストが提供する「脆弱性診断サービス」とドローン専業のコンサルティング事業者であるドローン・ジャパンの知見を合わせたサービスです。

ドローン本体および周辺デバイスや周辺ソリューションの提供ベンダー、ドローン関連サービス事業者、また、ドローン活用ユーザー事業者を対象に、セキュリティコンサルティング、ファジングによる検査とシステム全体の脆弱性診断を提供します。

これにより、フライトプランや撮影データといった機密情報を安全に保護でき、情報漏えいやハッキングといった予期せぬ事態を回避することができます。

「ドローンセキュリティコンサルティングサービス」提供内容

ドローンセキュリティコンサルティング 現状のセキュリティ状況を分析、セキュリティリスクを診断・評価します。対策方法を検討・提案、継続支援のためのコンサルティングを行います。
ドローンのファジングによる検査 通信における脆弱性や認証に関するメカニズムや強度、ファームウェア/ハードウェアの解析を行い、ドローン本体固有の脆弱性の有無を検査します。
ドローンのシステム全体の脆弱性診断

設計段階から有効とされる「ファジング」という手法による検査に加え、システムを構成するネットワーク、Web アプリケーションなどを横断的に診断します。

 

ドローンの産業活用が興隆していくとともに、急務の課題となっているセキュリティ対策。「ドローンセキュリティコンサルティングサービス」の登場によって、より安全で確実なドローンの利活用促進が期待されますね。

ドローン セキュリティコンサルティングサービス Web サイト:https://www.cybertrust.co.jp/security-diagnosis/drone-security.html

シェア
前の記事ドローンクルーズ:夕陽の町を堪能する 静岡県西伊豆町・黄金崎
次の記事A.L.I. Technologiesがフォースタートアップスから資金調達
nakagawa
DRONE MEDIA編集担当。編集プロダクション、出版社(ゲーム攻略本を担当)を経て、現在株式会社令和コンサルティングに勤務。 著書『経営コンサルタントの一生使えるExcelグラフ術』(秀和システム社)。 ゲームと動物大好き。ヒョウモントカゲモドキ&2匹の亀と暮らしています。 ドローンについてはまだまだ初心者なので、DRONE MEDIAを通じてみなさんと一緒に成長できればと思っています! イベント等で見かけた際はぜひ声をかけてくださいね。