テラ・ラボ、愛知県に中部地方最大級規模のドローン屋内練習場を開設

テラ・ラボ(愛知県春日井市、以下「同社」)は2019年1月、愛知県春日井市に全天候型のドローン大型練習場「テラ・ラボ ドローンアリーナ」を開設しました。

地域最大級の屋内ドローン練習場

中部地方最大級の規模となるこの「テラ・ラボ ドローンアリーナ」は、幅約13m・奥行き約20m・最大高さ約7mで、全面に人工芝を敷設したドローン向け屋内トレーニングフィールドです。

通常、ドローンの飛行練習の際に、場所によっては国土交通省の飛行許可を得る必要がありますが、このテラ・ラボ ドローンアリーナは許可を得る必要がなく、面倒な手続きが一切不要です。

また、屋外でのドローン飛行の場合には、強風で機体が流されたり、雨で機体内部の精密機器を傷めたりといった不安がつきものですが、屋内施設のテラ・ラボ ドローンアリーナでは、天候を気にすることなく思う存分練習に打ち込むことができます。

研究開発型ベンチャー企業、新練習場をドローン普及促進の拠点と位置づけ

同社は、2014年に愛知県春日井市に設立された中部大学発のベンチャー企業で、ドローンの機体やドローンのための空港施設等の設計・開発を通じ、災害発生時の支援活動や土木測量、設備点検にドローンを活用するべく、先進技術を活かした各種研究を行っています。

また、技術・知識習得のためのドローンセミナー基礎(座学・実技)を開催するなど、ドローン人材の育成にも積極的に取り組んでいます。

同社は、今回オープンしたテラ・ラボ ドローンアリーナを、国内外にある飛行試験場のハブ機能と位置づけ、ドローンの普及や社会実装をさらに進めていくための中核基地とする方針です。

屋内練習場で思い切りドローン飛行練習!

せっかくドローンを買ったのに飛ばせる場所が近くにない、いつも家やオフィスで飛行練習しているので広い場所で飛ばしたい、といった方も多いのではないでしょうか。

テラ・ラボ ドローンアリーナはドローン専門の練習場ですので、周囲の人や建物を気にすることなく、安心・安全に飛行練習ができます。

また、日没後や日の出前のドローン飛行は基本的に認められていませんが、テラ・ラボ ドローンアリーナなら時間を気にする必要もありませんので、お仕事帰りに立ち寄って練習、といったこともできそうですね。

こちらではドローンのレンタルも行っていますので、購入を迷っている、ドローンは持っていないけどちょっと試してみたい、といった方も、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

テラ・ラボ ドローンアリーナ概要
所在地 〒480-0304 愛知県春日井市神屋町北海道281
詳細問い合わせ先はこちら:http://terra-labo.jp/contact.html

シェア
前の記事ORSO、ドローンを活用したプログラミング講師の養成講座「DRONE STAR Academy」を4月に開講
次の記事農業用ドローンの可能性を探るコンテストとシンポジウム「ドロコン2019 in KAWACHI」開催決定
ruby
埋田奈穂子/Naoko "Ruby" Umeda 慶応義塾大学商学部卒業後、大手通信企業に入社。以後、一貫して通信関連事業に従事。現在は総合コンサルティングファームにて、通信・メディア系企業を対象に、新規事業立ち上げやマーケティング改善、海外事業展開等の支援に携わる。主著「日米欧のスマートグリッド政策と標準化動向2010(インプレス社)」。趣味は旅行・料理・美術・ヨガ・剣道・ネコ等々。第三級陸上特殊無線技士。写真はプロジェクト従事のため2016年に半年間滞在したヤンゴン(ミャンマー国)でのひとコマ。「ドローンジョプラス」(https://www.drone-girls.com/)メンバーとしても活動中です!