株式会社かもめや、次世代物資輸送無人航空機の飛行試験開始

香川県高松市で無人物流プラットフォームの開発等を行っている株式会社かもめやと、スロヴェニア共和国メドヴォデ市のAirnamics d.o.o.が、2016年9月より共同開発を進めていた次世代物資輸送無人航空機(コードネーム:KamomeCopter:カモメコプター)の飛行試験をスロヴェニア国内において開始したことを発表しました。

プロトタイプ機概要

この無人航空機は、垂直離着陸が可能な固定翼機(VTOL型)で、小規模な離島をはじめとする狭い離着陸スペースでも運用が可能、機体内部に運搬物資を格納できる物資輸送専用機として、世界最大クラスの機体となります。

ca-pub-2534280200880514

株式会社かもめやによると、先日スロヴェニア国内において初飛行試験を実施し、基本的な空力性能試験等を完了。2018年春以降、日本国内での実験に向けて最終調整を進めているとのこと。

プロトタイプ機の仕様は下記の通り。

翼長: 3.85m
最大離陸重量: 29 kg (3kg貨物搭載時)
巡航速度: 100 km/h
最大速度: 140 km/h
最大貨物積載量: 3 kg

※上記数値は、機体の最終調整により変更となる可能性があるとのことです。

株式会社かもめや公式Webサイト
http://www.kamomeya-inc.com/

KamomeAirプロジェクト公式Webサイト
http://www.kamome-air.com/

airnamics d.o.o.
http://www.airnamics.com/