エアロネクスト、対象物への接近や狭所への侵入を可能にする新型ドローンを発表

株式会社エアロネクストが、独自技術「4D Gravity™」を搭載した次世代産業向けの新型ドローン「Next INDUSTRY™」を発表します。同機種の初お披露目は、2018年4月18日(水)~20日(金)まで幕張メッセで開催される「第4回 国際ドローン展」で、会場では実機も展示されます。

今回発表する「Next INDUSTRY™」は、インフラ点検や検査測量、警備、農業 等に対応したドローン。3月のJAPAN DRONEにて発表した360°VR撮影用の「Next VR™」と宅配専用の「Next DELIVERY™」に続き、同社にとって3機種目のラインナップとなります。

同社のコア技術となる「4D Gravity™」は飛行中のドローンの重心を最適化する技術で、これを搭載するドローンは、燃費、速度、信頼性などといった 基本性能の向上が期待できます。さらに、用途に合わせて重心を制御することにより、今まで不可能だった挙動が可能となり、新たな産業分野への活用が可能になります。

ca-pub-2534280200880514

現在、ドローンの産業用途活用においては、トンネルや橋梁、太陽光パネルなどの各種インフラ施設の検査や点検、農薬散布等への利用が始まりつつあります。しかし、ハードウェアの技術的な課題も多く、活用範囲は限定的なものに留まっています。

新型機「Next INDUSTRY™」は、プロペラとカメラやセンサーなどの搭載物の物理的な距離を離すための機構を取り入れ、従来のドローンでは難しかった対象物への接近や狭い空間への侵入が可能になりました。

従来ドローンでは難しかった検査、測量、農薬散布が可能に

■特徴
- 独自技術「4D Gravity™」搭載(低燃費、高信頼性)
- 様々な産業分野に利用できる拡張性
- 自社設計・自社製造

■用途例(1):地上警備

地上警備用途では、プロペラ上部、1mの位置に360°VRカメラを設置。地上給電ケーブルを取り付けることで、360°VRカメラによる高画質で安定した24時間監視が可能となります。

■用途例(2):壁面検査

壁面検査用途では、プロペラ下部に、全長4mの長い横棒を設置。棒の先に、各種カメラ、センサーを設置することで、ビル風などの影響で従来のドローンでは近づけなかった距離まで接近できるほか、細い隙間への侵入が可能となります。

■用途例(3):橋梁検査

橋梁検査用途では、プロペラの上空4mに、各種カメラ、センターを設置。橋梁付近の乱流などの影響で従来のドローンでは近づけなかった距離まで接近できる他、狭い隙間への侵入が可能になります。

■フライトテスト動画

■展示機の主要スペック
モータースパン : 1,000mm 地上給電 : 対応予定
全高 : 3,000mm 搭載カメラ : 360fly(VRカメラ)
質量 : 5,200g 最高速度 : 10km/h
飛行時間 : 15分 フレーム材 : マグネシウム

■価格
500万円~(用途・カスタマイズにより変動)

■発売開始時期
2018年内の販売開始を予定