センシンロボティクス、ドローンによる顧客業務の自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」に3Dルート作成と壁面スキャンの新機能追加

ドローンなどのロボティクス技術と先進技術を組み合わせた業務用ソリューション事業を展開するセンシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、以下「同社」)は、同社の業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」に、3Dルート作成機能と壁面スキャン機能を新たに追加したと発表しました。

産業におけるドローン活用を促進しうる新機能

SENSYN FLIGHT COREについては以前当メディアでもお伝えしましたが、フライト設定から、フライトプラン・実績データの一元管理、さらには複数機の同時飛行や様々なメーカーの機体への対応、UTM※への接続といった豊富な機能を備えた、顧客業務の自動化をドローンにより実現するための統合プラットフォームです。

今回追加された機能は、大きく2点です。

1. 壁面スキャン機能

倉庫や工場、マンションといった建物の壁面撮影を、簡単な設定で行うことができるものです。一面だけでなく、二面以上の壁にも対応しています。

2. 3Dルート作成(3Dウェイポイント)機能

ウェイポイントとは、ドローンの通過するポイントのことです。
今回のアップデートにより、これまで平面マップ上でのみ設定が可能であったウェイポイント機能が3Dマップに対応しました。これにより、「同じ箇所で高さを変えて撮影を行いたい」といったニーズにも応えられるようになりました。また、「壁面スキャンでは対応しきれない様々な構造物に対し、自動で撮影を行いたい」といったニーズも想定しています。

従来も高度な設定に対応していましたが、写真のように、設定したルートが画面上で立体的に示されるようになったため、より直感的にルートの設定・確認が可能になります。

上:従来の2D画面 下:3D画面

※UTM:Unmanned Traffic Managementの略で、「無人航空機管制」「ドローン運行管理」等と訳される。有人の航空機(いわゆる通常の飛行機等)には「ATM(Air Traffic Management)」という運行管理システムが存在するが、その無人航空機版

業務自動化統合プラットフォームで企業のドローン活用を強力にサポート

同社は、『ロボティクスの力で、社会の「当たり前」を進化させていく。』をミッションに掲げ、「設備点検」「災害対策」「警備・監視」等の領域を中心に、ドローンを核とした各種ソリューションサービスを展開しているテックベンチャーです。同社の建設現場における安全確認・警備監視の実証実験の様子や、スポーツ分野におけるドローン活用の取り組みの様子については、当メディアの過去記事をぜひご参照いただければと思います。

現在、測量や点検といった分野を中心にドローンの活用が進んでいますが、ドローンの操縦をはじめ、フライトプランの設計や上空からの撮影等、「産業での利用に耐えうるレベル」のスキルを備えた人材は、まだまだ多くはないのが実情です。

SENSYN FLIGHT COREは、「ドローンの操縦や撮影された映像の確認作業を行うためのオペレータ(人力)の不足」や「その育成・確保にかかる工数」といった問題を解決する策として、同社が開発・機能拡張を進めるものです。同社はこのSENSYN FLIGHT COREの利用を通じ、「特別な技術がなくても簡単にドローン飛行の設定を行うことが可能になる」としており、企業のドローン活用の動きをさらに推し進めたい考えです。

シェア
前の記事DJIが教育用ロボット「ROBOMASTER S1」を発表!6月12日から販売開始
次の記事ドローンカメラマンとして空撮を仕事に(前編)スクール卒業後が勝負
ruby
埋田奈穂子/Naoko "Ruby" Umeda 慶応義塾大学商学部卒業後、大手通信企業に入社。以後、一貫して通信関連事業に従事。現在は総合コンサルティングファームにて、通信・メディア系企業を対象に、新規事業立ち上げやマーケティング改善、海外事業展開等の支援に携わる。主著「日米欧のスマートグリッド政策と標準化動向2010(インプレス社)」。趣味は旅行・料理・美術・ヨガ・剣道・ネコ等々。第三級陸上特殊無線技士。写真はプロジェクト従事のため2016年に半年間滞在したヤンゴン(ミャンマー国)でのひとコマ。「ドローンジョプラス」(https://www.drone-girls.com/)メンバーとしても活動中です!