映像が空を飛ぶ!NTTドコモが世界初の「球体浮遊ドローンディスプレイ」を開発

NTTドコモプレスリリースより→https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/04/17_00.html

2017年4月17日、NTTドコモ(以下ドコモ)は360度全方位に映像を表示しながら飛行するドローン「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発したことを発表しました。

ドコモではこれまでのモバイル経験やビジネス経験をいかした「ドコモ・ドローンプロジェクト」が進行中であり、ドローンの取り組みに力を入れています。

この「ドコモ・ドローンプロジェクト」の一環で開発されたのが「浮遊球体ドローンディスプレイ」です。

NTTドコモプレスリリースより→https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/04/17_00.html

特徴はLEDの光の残像を利用したディスプレイ表示にあり

ca-pub-2534280200880514

「浮遊球体ドローンディスプレイ」は環状のフレームにLEDが備え付けられ、そのLEDフレームの内部にドローンが備えられています。

NTTドコモプレスリリースより→https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/04/17_00.html

LEDフレームは高速に回転しながら飛行。この回転するLEDの光の残像を利用することで、映像表示することを実現しています。

これまでドローンの機体周りにディスプレイを備える技術は、ディスプレイ掲載による重量増加、ディスプレイがドローンのプロペラの空気の流れを邪魔してしまう、などの点が課題として挙げられていました。

「浮遊球体ドローンディスプレイ」はLEDの残像によりディスプレイ表示する技術を活用することで、空中を動き回る球体ディスプレイとしての開発に成功しています。

コンサートやスタジアムでのイベント演出などの活躍に期待!

「浮遊球体ドローンディスプレイ」の活躍が期待されるのはコンサートやスタジアム、ライブ会場でのダイナミックな演出です。

さらに空中を自由に動き回り、広告を表示するような活用も可能。

ドコモは今後、2018年度の商用化を目指しイベント会場向けソリューションを提供してい区予定です。

直近では2017年4月29日から幕張メッセで開催予定の「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展し、デモ飛行も行われるようです。

今後の「ドコモ・ドローンプロジェクト」がどのような展開をしていくのか?期待が高まりますね。