DJI、「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したことを、主催するDJI が発表しました。

RoboMasterは、年次開催されているロボットコンテストで、ロボットの設計、開発を学ぶ学生エンジニアが世界中から参加し、チーム単位で優勝を目指し、競い合います。RoboMasterは、サイエンスやエンジニアリングを学ぶ学生コミュニティ内で人気を博しており、2018年の優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと75,000米ドルが授与されることでも話題になっています。

10,000人を超える観衆の目の前で繰り広げられる決勝ラウンドは、会場での臨場感溢れる音響演出で、誰もが楽しめるエンターテイメントとなっています。RoboMaster 2017の決勝ラウンドは、814,000人以上の視聴者がTwitch.tvで観戦しました。

ca-pub-2534280200880514

本コンテストに参加するチームは、学生および担当教員から構成されますが、学生以外の方もアドバイザーとしてチームに参加できます。世界中からより多くの学生が参加できるよう、RoboMasterでは、参加チームを技術面および資金面で支援しています。プロポーザル・ステージを通過し、2次ステージへ進んだチームには、最大1,500米ドルが支給されます。

詳細は、下記よりご確認ください。(※英語のみ)
https://www.robomaster.com/en-US/resource/pages/714?type=announcementSub

2017年のコンテストでは、中国、アジア諸国、米国、英国、ドイツなど、世界中の200の大学から7,000人以上の学生が参加しました。98チームが2回戦の一次予選を通過し、32チームが中国の深センでの決勝ラウンドに進出しました。RoboMaster 2017のハイライトは下記より視聴できます。

RoboMaster 2017 Grand Finals)
https://www.twitch.tv/robomaster/videos/all

RoboMaster 2018への参加方法については、下記URLをご確認ください。(※英語もしくは中国語)
https://www.robomaster.com/en-US