DJIがハイエンドな映画やビデオクリエイターのためのドローン「Inspire 2」を発表!

ドローンメーカー最大手のDJIが、ハイエンドな映画やビデオクリエイターのためのドローン「Inspire 2」を発表しました。

さらに進化した映像技術

dji-inspire-2-3

Inspire 2は、パワフルかつ操作も簡単です。剛性かつ軽量になった新しいマグネシウム・アルミニウム合金の機体は、機敏な動作を実現し、最高時速108km、4秒で時速80kmまで加速します。新しいデュアル・バッテリー・システムを採用し、最大飛行時間27分を実現しています。新しく機体の前方に取り付けられたカメラは、パイロットにマスター送信機を操作するための最適なフライトビューを提供する一方で、カメラオペレーターは、ジンバルに取り付けられたプロフェッショナル向けZenmuseカメラからの映像を受信します。Inspire 2は最新のZenmuse X4SとX5Sカメラに対応し、それ以外にも対応するカメラが今後追加される予定です。

ca-pub-2534280200880514

dji-inspire-2-2

まったく新しい画像処理システムであるCineCore 2.0が機体に組み込まれているため、大容量ファイルをこれまで以上に高速で処理することが可能です。Inspire 2は、Cinema DNG RAW向け5.2K映像を4.2Gbpsで撮影し、新たに設計された高速CINESSDストレージに記録することで、スムーズなワークフローをサポートします。CineCore 2.0は、Cinema DNG、Apple ProRes 422 HQ(5.2K、4K)、ProRes 4444XQ(4K)、H.264、H.265を含むさまざまな映像圧縮フォーマットに対応しています。また、H.264とH.265で4K映像を録画する際のビットレートは最大100Mbpsです。

dji-inspire-2-6

Inspire 2は、さまざまな現場の撮影に最適な性能と飛行制御を提供します。別売の高度飛行用プロペラを使うと、Inspire 2の運用限界高度の海抜5,000mまで上昇することが可能です。さらに、温度が-20℃以下になると、自己発熱型のデュアル・バッテリー・システムが作動し、パフォーマンスを良好に保ちます。Inspire 2は、最適化されたモードにより、広く使用されている放送規格である1080/50i /720p60にも対応し、より滑らかな映像を伝送します。また、強化されたLightbridgeにより、よりスムーズなHDMIにおけるビデオ伝送が可能になりました。

ハイパフォーマンスでプロフェッショナルレベルの信頼性

dji-inspire-2-5

デュアル・バッテリー・システムの採用により、飛行中1つのバッテリーが機能しない場合でも、もう1つのバッテリーが電力を供給し、安全に帰還することができます。障害物を検知するために、 Inspire 2の前部と下部にステレオ・ビジョン・センサーが搭載されています。さらに閉ざされた空間で飛行させる場合は、機体上部に取り付けられた赤外線センサーが機体を衝突から守ります。

再設計された推進システムにより、Inspire 2の安全な飛行と優れた垂直移動を実現。毎秒7mで上昇し、毎秒9 mで下降します。慣性測定装置(IMU)、気圧計、ESC通信、および衛星ナビゲーションモジュールは冗長化することにより信頼性が高められました。

クリエイティビティーにもっと自由を

dji-inspire-2-4

Inspire 2の新しいインテリジェント・フライト・モードは、DJIのコンピューター・ビジョン・テクノロジーを拡張し、安全な飛行を実現。クリエイターが思い描くとおりに映像を撮影するための新しい方法を提供します。Spotlight Proモードでは、機体を自由に飛行させながら、カメラが被写体をロックします。ジンバルが360度以上回転すると、機体が自動で回転し、360度以上回転するカメラワークに対応します。TapFly(タップフライ)モードでは、機体前方に取り付けられたカメラを活用することで、Inspire 2を障害物から回避させながら、ディスプレイ上でタップした地点に向かって飛行できます。ActiveTrack (アクティブトラック)は、前方の障害物検知システムが人や車、動物といった一般的な被写体を認識し、機体を安全に保つことができます。常に前方を飛行しながら、 Inspire 2が被写体を追尾したり、リードするように被写体の前方を飛行したり、上空を旋回させたり、並走させたりすることができます。

新しいZenmuseカメラ

zenmuse-x4szenmuse-x5s

DJIは、Inspire 2の映像制作のポテンシャルを拡張するために、交換可能なZenmuseカメラシリーズも新たに発表しました。空撮に特化したZenmuseカメラは、ジンバルとフライトコントローラーと直接通信できるように設計されています。Zenmuse X4Sは、重量と画質のバランスが必要な撮影に適しています。2,000万画素の1インチセンサーを搭載し、ダイナミックレンジは11.6ストップ。レンズの焦点距離は24mmです。F値がf2.8-11に対応し、メカニカルシャッターは、画像の歪みを回避します。Zenmuse X5Sは、2,080万画素の大型マイクロフォーサーズセンサーを搭載し、ダイナミックレンジは12.8ストップ。現在、Zenmuse X5Sカメラは広角からズームまで8種類のレンズに対応しています。また、DNG RAW(20.8MP)で毎秒20枚のバースト撮影も可能です。今後、手持ち型マウントがZenmuse X4SとX5Sのカメラでご使用いただけるようになり、これらのカメラを使用した映像撮影の柔軟性が高まります。

プロフェッショナル向けのアクセサリーで、パフォーマンスをさらに強化

DJIのパワフルなアクセサリーシリーズが、多様な撮影現場のニーズに対応します。さらに、DJI Focus、バッテリー充電ステーション、DJI CINESSDやその他の別売アクセサリーもご使用いただけます。

別売の DJI Crystalsky 高輝度IPSモニターには非常に明るいディスプレイが付いており、直射日光の下でも視認性が高く、屋外での撮影に理想的です。5.5インチと7.85インチのサイズのディスプレイがあり、最高輝度はそれぞれ1000cd/m2 と2000cd/m2です。専用システムにより映像伝送の遅延も減少しています。ディスプレイにデュアルSDカードスロットを内蔵しているため、映像のバックアップが容易で、ファイルの転送や再生にも使用できます。-10~40℃の厳しい環境でも動作します。

販売価格と出荷時期

各製品の販売価格と出荷時期は下記になります。

Inspire 2 : 361,000円(税込)
Inspire 2 Combo*1:741,000円(税込)
Inspire 2 Combo期間限定価格*2:719,000円(税込)
*1 Comboには、Inspire 2の機体、Zenmuse X5S、CinemaDNG と Apple ProResのライセンスキーが同梱されています。
*2 2016年中にご購入いただいたお客様が対象となります。

Zenmuse X4S : 71,200円(税込)
Zenmuse X5S : 225,600円(税込)
※Inspire 2およびアクセサリーは、本日より予約販売を開始します。出荷開始は、2016年12月から2017年1月ごろを予定しています。